勝率は本当に五分五分!?

sdo99o ここまでで、上がるか下がるか、選ぶのは二択だけなのがバイナリーオプションだと説明してきました。確率は上がるか下がるか、二つのうちの一つですから、当てずっぽうでも勝率は50%になると思いました?残念、、、ちょっとだけ違います。ここは、頭に入れておかないといけない肝心なポイントです。

順を追って説明しておきましょう。為替はゼロサムゲーム、しかし勝ち組はごく一部!突然新しい言葉が出てきたけど、ゼロサムってなんのこと?と首を傾げた人がいると思うので、まずゼロサムの説明をします。

一口で言うと、ゼロサムというのは、利益と損失を足し合わせると差し引きゼロになるということです。外国為替市場では毎日通貨が交換されていきます。世界中の投資家がそれを買ったり売ったりして、儲けたり損したりします。

この投資家の儲けと損失を足し合わせたとき、プラスマイナスがゼロになる、、、これがゼロサムです。為替取引はゼロサムの世界です。勝者がいれば、必ずそれに見合った敗者が存在します。こう考えると、為替レートは上がるか下がるかの二択ですから、素人が当てずっぽうでトレードしても勝率50%になりそうに思えます。

しかし、この理屈は現実には成り立ちません。現実の世界で為替市場の勝者は10人に1人か2人ぐらいしかいないと言われます。

儲けと損失をプラスマイナスするとゼロになるはずなのに、どうして1割とか2割の人しか勝てないの?、、、そう思いがちですが、実際の勝者は投資金額の桁が違うのです。ごく少数のプロが膨大な資金を投じて莫大な利益を上げ、その一方で大多数の投資家が少額の損を出し合い、結局のところ莫大な利益に見合った損失を出している、、、というわけです。

バイナリーオプションの勝者は10人中3人から4人

バイナリーオプションでも同様のことが言えます。上がるか上がるか、二択から選ぶだけだから、自分の勝率も50%あると考えるのは早とちりです。ひとつの取引で、先の読める人が上がる方向に999円分買い、他の9人が下がる方向に111円ずつ買っても取引は成立します。

結果として上がったとしたら、その取引では9割が敗者ですが、取引として成立しているためゼロサムに当てはまるわけです。こういった例はごく当たり前のこととして起こっていて、現実にバイナリーオプションで利益を出している投資家は10人中3人から4人程度とされています。

超絶に仕組みが単純で初心者にも理解しやすく、リスク管理のしやすいバイナリーオプションとはいっても、投資であることに変わりはありません。これらの知識を前提として、それなりに相場の先を見通す力を育んでおかないと、結果として負け組に入ってしまうことになります!

もっとも、FXで利益を出している投資家が10人中1人か2人しかいないのに対して、バイナリーオプションでは3人から4人は利益を出しているのも厳然たる事実です。