バイナリーオプション業者の良し悪し

sdoo0 ここではバイナリーオプション業者の選択法を解説します。どんな違いがあって何を基準に選べばよいのかわからない!という人に役に立つはずです。

まずは、多くの投資法の中からバイナリーオプションを選ぶ理由を考えてみましょう。バイナリーオプションは上がるか下がるか当てるだけで簡単そうだから、自分でも勝ち目があるかも、、という人は多いんじゃないでしょうか。選択肢が少ない、つまりシンプルだからです。

つまり、あまりプロ向けの業者を選んでしまったら、バイナリーオプションといっても自由度が上がってしまい、バイナリーオプションの肝心のシンプルさがスポイルされてしまいます。ですから、為替バカの考えでは、初心者はルールがシンプルな業者を選ぶに限る!となります。では、シンプルなルールの業者とはどんな業者を指すのでしょう?

ここでは、為替バカがシンプルだと考える業者のポイントを列挙します。次の特徴を持つのが、為替バカの考える、初心者に向いた業者です。重要度の高い順に並べます。

    ワンタッチオプションではなくラダーオプション
    ペイアウト金額が安い
    1日の回号の数が多い
    通貨ペアの数が多い(取引回数が多い)
    直感的に取引できる

以上です。

ワンタッチオプションは複雑度が高くプロ向けの業者が多いので、初心者はシンプルなラダーオプションを選ぶのがおすすめです。初心者に取っては取引の単位が少額で始められる業者がよいでしょう。通貨ペア数が多い業者なら、取引する通貨ペアに関係なく、通貨ペア数が多いほど取引の回数をそれだけ増やせます。

バイナリーオプションでは、通貨ペアの数が1日あたりの回号の数に直接反映します。例えば、満期が2時間で、1通貨ペアしか扱っていない業者だと、1日で最大12回の回号しか開けません。同じ業者が3通貨ペア扱っていた場合は、1日あたりの回号が3倍の36回に増えます。

10分ぐらいの短期取引ができる業者があればいいのですが、1回号が最低2時間もあるのなら、4通貨ペアは欲しいところです。その程度の通貨ペア数がないと、手空きの時間が大幅に増えます。この辺のところは、実際に経験してみないと実感できないところですが、、、後は取引に使うツールがシンプルで直感的に使えるかどうかです。分かりやすいツールを用意しているhttp://www.binaryoptionjp.com/binary-options/highlowという業者がおすすめです。

意外とこれは大事なポイントです。視覚的に勝ち負けが一目で分かるような取引ツールでないと、取引の都度ストレスが溜まってしまって話になりません。なお、バイナリーオプションの手数料はどの業者でも無料です!その分が元々チケット代に上乗せされているからです。